ページトップへ

技能職(大工職) | 株式会社フォレストコーポレーション 採用情報サイト

大工職 技能職(大工職)

技能職(大工職)

実際に現場で「工房信州の家」を大工職人として創り上げる仕事です。

 1棟の家づくりにおける工事の期間は約6ヶ月。

そのうち2ヶ月程が大工工事の仕事になり、家の骨組みや下地をつくる重要な役割を果たします。

特に「工房信州の家」は1棟1棟が異なる注文住宅であり、また木組みの美しさを見せる工法ですので、

特に高い技術力が求められます。

また、現場仕事だけでなく、作業場で木材を加工したり、段取りを組んだり、道具や工具の手入れをするなどの

周辺業務も必要です。

 

☆技能職に求められること

加工や施工の難しい、無垢材を扱えるようになるまでには、長い期間が必要です。

5年とも10年とも言われる、1人前になるまでの期間を粘り強く技能の習得に励む力が求められます。

また、お客様を始め、現場スタッフなどとのコミュニケーション力も大切です。

 

トップページへ戻る