ページトップへ

施工管理職/2004年入社平澤雄太 | 株式会社フォレストコーポレーション 採用情報サイト

施工管理職/2004年入社
信州大学/工学部/社会開発工学科卒

 

未知の土地への進出に入社3年目で挑む。

私の転機は会社が長野市に進出した時です。
入社3年目の私は、新しい土地で新しい職人さんたちを教育しつつ、『工房信州の家』の施工方法を根付かせるという使命を与えられました。
伊那で一応2年間の現場経験は積んでいましたが、そこではすでに確立された施工マニュアルに従って作業が進められていました。しかし今度は何も知らない職人さんに、私自身が『工房信州の家』のやり方というものを伝えていかなくてはなりません。
責任者として初めての大仕事に臨む緊張感の中、まずは展示場づくりに取りかかった私は、そこで大きな試練に見舞われることになりました。

 

 

 

情けない自分、でも負けたくない自分。

 

家を組み上げていく基本的な部分はもちろんわかっています。しかし、家づくりには細かい部分の納め方というものが無数にあります。その納め方を『工房信州の家』ではどうやってたんだっけ?そう思った瞬間、さぁーっと肌が粟立つのを感じました。「俺、何もわかってない!?」
そうなのです。伊那の現場では私よりも先に職人さんたちがわかって、勝手に進んでいた作業が、長野では私の指示なしには進まない。なのに私はその納まりについて明確な指示ができないという状態だったのです。
「これはいかん!」。慌てて本社に問い合わせました。しかし展示場の竣工日は刻一刻と迫ってきます。どうしても外せない基本的な部分を優先させ、その他の部分には事実上目をつぶってもらう形でやっと展示場が完成した時、私は上司に言われました。
「展示場は私たちの建物だから仕方がない。でも平澤君、もっと理解を深めないとお客様の家はつくれないよ」。
情けなかったし、悔しかった。でもその言葉が私を発奮させる起爆剤となりました。

 

 

工房信州の家づくりの歴史を追体験する作業に取り組む。

それからの私は本社の先輩や上司、ベテラン大工のところを回って教えを請い、長野での『工房信州の家』のマニュアルを作る作業に没頭しました。中南信では当たり前だと思っていた「現場を常にきれいにしておく」ということが、そう簡単ではないことを知ったのもその途上でのことでした。そして、私以上に何もないところから施工マニュアルをつくり上げた先輩諸氏の苦労を思い、あらためてそのすごさを実感しました。この作業を通じて『工房信州の家』がどのような仕様で、どのような納まり方をして、どんな風に見せるのかを自分の中にしっかりと落とし込めたことは私の宝です。自分の指示一つで出来上がりが決まってしまうという、ある意味恐ろしい環境を与えられたことが自身の成長につながりました。会社にはとても感謝しています。

 

 

 

自分の伸びしろはまだまだあると思っています。

 

もともと住宅の施工管理をしたいと希望して、願い通りの仕事をさせていただいていますが、仮に新しい部署に異動を命じられても私は喜んで従うと思います。なぜなら、私が自分自身を評価するよりも、会社の方が私の可能性を信じてくれているという思いがあるからです。自分でも気づいていない可能性に気づいて、それを引き出す環境を与えてくれる会社。私はフォレストコーポレーションという会社を、そのように感じています。みなさんが入社してきた時には、もっと大化けしているかもしれません。どうぞ楽しみにして来てください!

メンバー紹介