ページトップへ

住宅営業職/2005年入社赤羽由美 | 株式会社フォレストコーポレーション 採用情報サイト

住宅営業職/2005年入社
神奈川大学/工学部/建築学科卒

 

人の思いを繋ぐ仕事をしていると気づかされた日。

入社当時は賃貸営業、次は企画営業本部、そして今は住宅事業部で働いています。そして部署を変わるたびに、今まで気づけなかったことに気づかされている自分が居ます。これほどに「成長」を意識させてくれる会社はないのではないか、そんなふうに私は思っています。
最初の部署、賃貸営業では相続税対策で賃貸マンションを建設されたお客様が、お亡くなりになるという経験をしました。その方がご家族のためになさったことが活きたわけで、ご遺族はとても感謝してくださいましたが、若かった私は自分の死を想定して、先に準備をしておくという考え方に荘厳なものを感じました。それと同時に賃貸事業というものの奥深さ、責任の重さを思いました。これは人の思いを繋ぐ仕事だ、そう思えたことは私の仕事に取り組む姿勢を変えてくれました。

 

 

 

正しいことを言うだけでは、人はついてこないんだな。

 

次に配属された企画営業本部では、会社の中で皆が動きやすくなるような仕組みを考え、浸透させる仕事をしていました。一例を挙げると、四半期に一度、チームごとに立てる目標をボードに書き出して「見える化」し、目標をより鮮明に意識し共有できるようにするといったようなことです。しかし、皆のために良かれと思ってしていることも、社員が80人も居ればそれぞれ受け止め方が違い、「こうしてください」「はい」というわけにはいきません。正論を言うだけでは人は動かないのだということを実感し、しつこく、粘り強く仕事をすることの必要性を学んだ5年間でした。

 


 

お客様と一緒にゴールをめざす。

そしていま私は住宅営業の仕事をしています。ここではお客様から直接学ぶことがたくさんあり、本当に成長できる仕事だと実感しています。家を建てることは人生の中でとても大きなことなので、お客様の気持ちは色々な場面で変化します。その気持ちに寄り添って、後悔することのないよう一緒にゴールをめざすことへのやりがいを強く感じます。いまは情報が簡単に手に入る時代なので、かえってお客様は間違った情報に惑わされてしまう機会も多い。そういうことのないよう、こちらがしっかりと知識を身につけなくてはならず、なかなか大変ではあるのですが、もともと住宅が好きなので楽しい作業でもあります。

 

 

 

成長したいと思っている人を、絶対に裏切らない会社です。

 

あっという間に過ぎた10年間でしたが、それは自分が成長しないとお客様の役に立てないことを常に意識しながら働けた、貴重な時間でした。フォレストコーポレーションをめざす学生さんの動機は人それぞれだと思いますが、私の拙い経験から一つ言えることは、この会社は成長したいと思っている人を決して裏切らないということです。だからみなさん安心して入ってきて下さい。自分が誰よりも一番成長してやるという意気込みをもって来てくれる人、大歓迎です。ついでに言うと、うちの会社はチーム制を敷いていますが、それは決して仲良しチームではありません。「自分が一番だ」と思う人たちがうようよ居て、ライバル同士が切磋琢磨しあうチームです。ほら、わくわくしてきたでしょ?待ってますからねっ!

メンバー紹介